尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

こんにちは!当院には子育てでのご負担で痛みが出てしまって、お体をよくするために来院されている方も多いです。本日は子育てとお体の負担についての関係についてお話していきます。
まず、どんなに小さな赤ちゃんでも基本的に4~5キロぐらいの重さはあります。スーパーでお米を買った時の重さを抱えながら、しかも多くの場合赤ちゃんは動いてしまうので、さらにその動きを支えることで腰や肩、腕には大きな負担がかかります。
そして、赤ちゃんのおむつ替えや授乳の際には前かがみになることも多いと思いますが、前かがみというのは非常に腰に負担をかけてしまいます。お母さん自身の体重だけでも腰には大きな負担がかかりますが、そこに赤ちゃんの重さも加わりので、育児の中の長い時間で腰には負担がかかり続ける事になります。
腰や肩の痛みの多くは、筋肉に負担がかかり過ぎて起こるので、こういった強い負担がかかり続けることで痛みが出やすくなってしまいます。
また、睡眠の時間はお体の回復にとって非常に大切です。ですが、どうしても多くのお母さんはお子さんの夜泣きで睡眠時間が少なくなってしまっています。
ですので子育て中のお母さんは非常にお体に負担をため込んで、痛みが出やすいのです。以前、本で読んだのですが、人間の赤ちゃんの子育てはお母さん一人で出来るものではないとされています。近年ではワンオペ育児という言葉もあるように、お母さんが周りの助けのない状態で育児をされることも少なくないので、よりご無理のかかりやすいです。
当院では、育児でお体を痛めて来院されているお母さんも多いです。施術を行う事で腰や肩、膝などの痛みが楽になってと喜ばれています。赤ちゃんの泣き声が気になる方には、周りから離れた個室へもご案内しての施術も行っています。
お体に痛みがあると、どうしても気持ちに余裕がなくなり、気持ちが落ち込んだり、起こりやすくなってしまい、ますますお母さん自身を追い込んでしまう事になります。我慢していても痛みはよくなるものではないですし、赤ちゃんはどんどん大きくなって、より動くようになると、お母さんの負担はさらに大きくなっていきます。
ですので、痛みでお困りのお母さんは無理をすることなく是非お早めに当院にご相談に来てくださいね。

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP