尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

今日はシップのお話です。よく当院の利用者様から温感シップ、冷感シップどっちを使うといいですか?というような質問を受けます。確かに痛めてすぐであったり長い期間痛みが出ている場合であったり状況は様々でしょうがどちらを貼ったら良いものか迷いますよね。結論をいってしまえばどちらでも構いません。あえて言うのであれば皮膚が弱い方は冷感シップの方が良いのかもしれません。温感シップはカプサイシンという血行をよくする唐辛子成分が入っていますが皮膚に合っていない場合は冷感シップと比べてもかぶれがきつくなってしまったりしてしまうので考慮が必要になります。

 

シップの効果効能としては炎症が抑えるという効果があります。しかしながらシップですべての痛みが和らいだり楽になる事は難しいかもしれません。薬などに頼るには限界があります。自己回復を高める施術が必要になってきます。普段から施術を受けられている方は身体の回復力が高いのでシップと併用すればそれだけ楽になるのも早くなります。なぜなら筋肉の負担を軽くしていくとそれだけ筋肉の柔軟性が出ますから筋肉の中を走行している血液の通り道がしっかりと確保できるので栄養がしっかりと体の隅々までいきわたりやすくなり身体が楽になっていきやすいという事です。皆さんも楽になっていける身体をつくっていきましょうね。

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP