尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

今日はストレッチについてお話していこうと思います。インターネットや雑誌などで様々な方法がかかれていてすごくいい内容がかかれているのですが、しっかりと筋肉が伸びてくれる場合と筋肉が伸びずに逆に縮こまってしまう場合があります。その原因を一つずつ解いていこうと思います。

 

まずは、反動を付けているか付けていないかという事です。反動を付けると筋肉に無理がかかり、逆に痛めてしまう場合があります。

 

次に体を伸ばし続ける時間が長いか短いかです。筋肉は体の重たさだけに頼り、伸ばし続けて行くと少しずつ筋肉の緊張が少なくなっていきやがて伸びてきます。したがって時間をかけてしていくことが求められます。少なくとも20秒から30秒は伸ばし続けましょう。

 

次はストレッチをしている場所や状況が暖かいかどうかです。どうしても寒いと筋肉がしっかり伸び縮みしなくなり、血流も流れにくいためにストレッチの効果が出ません。

 

最後に痛みがあってもストレッチをしていないか?です。感覚的に伸ばすと血流が流れ痛みがマシな感じがしてしまうかもしれませんがこれは大きな間違いです。痛めていると痛めた箇所も伸ばすことになり、その時は楽な感じがしても翌日朝起きると痛みが強くなることが多いです。皆さんもストレッチのやり方を間違えないように無理がない程度にしてくださいね。

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP