尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

日に日に涼しくなり、スポーツの秋の訪れを感じますね。本日は、スポーツがお体に及ぼす影響についてお話していきますね。運動・スポーツは確かにお体にとってすごくいいのですが、加減ややり方を間違えてしまいますと、お体に無理な負担がかかって、痛みの原因になる事もあるので、気を付けてくださいね。

 

当院にスポーツでお体を痛めてしまう方で多いのは、普段はデスクワークで同じ姿勢で筋肉が固まってしまい、土日でゴルフをされて腰を痛めるというお話しをよくお聞きします。筋肉は同じ姿勢でいると、どうしてもその状態で固まって動きにくくなってしまいます。その状態で筋肉の限界を超えた動きをしてしまうと、筋肉に無理がかかってしまい、痛みが出てしまうのです。特にゴルフのスイングは、腰をねじる事でかなりの柔軟性が求められますし、ゴルフグラブは意外と重さがあるので、さらに強く腰が捻じられてしまい、デスクワークで固まった筋肉が伸ばされて、お体を痛めてしまうのです。

 

このように、普段のお仕事や日常生活での筋肉の使い方と、スポーツでの筋肉の使い方に大きなギャップがある時に、お体を痛めやすいのです。このようなお体の痛め方をせずに、スポーツを楽しむためにはどうすればいいのでしょうか?筋肉の使い方のギャップがお体を痛める原因となるので、そのギャップを出来るだけ少なるすると、お体を痛める可能性はかなり低くなりますし、痛めたとしても早くよくなります。たとえば、日頃から負担のかかりやすい部分をしっかりストレッチしてあげて筋肉を柔軟な状態にしてあげたり、またスポーツの前後のウォーミングアップやクールダウンをしっかり行うだけでも、普段とスポーツ時のギャップを減らせるので、お体を痛める可能性はかなり低くなりますので、非常にお勧めです。また、日頃からストレッチをして柔軟な筋肉を作っておくと、スポーツでの急な動きで筋肉を痛めることが減るので、こちらもおすすめです。

 

ですが、ストレッチや、ウォーミングアップ・クールダウンといったセルフケアで筋肉が万全になれば問題ないのですが、普段からお体にご無理をかけている方はセルフケアだけで筋肉をスポーツに耐えられる状態にするのは難しいです。当院には、土日のスポーツの為のコンディショニングを含めて、日常生活での負担からの痛みを軽減するために施術を受けられる方も多いですし、スポーツの前後に施術を受けて筋肉の状態をよくすると、スポーツしやすくなったとたくさんのお声を頂いています。スポーツでの痛みや負担にお困りの方はぜひお早めに当院にご相談に来てくださいね。

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP