尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

こんにちは尼崎整骨院です(^O^)12月にもなるとお風呂場に入る前と服を脱いだ後に寒さが急に来るので気を付けましょう。冬のこの時期になるとよく聞くのがヒートショック現象というものです。交通事故による死亡者が約7,000人いるのに対し、ヒートショックでは倍の14,000人が亡くなるくらい身近なものです。

ヒートショックは冬の暖房の効いたリビングから脱衣所に移動した後、浴槽に入る時や出た後などに起こります。リビングから脱衣所に移動した際には、寒さに対応するために血圧が上昇します。そこで衣服を脱ぎ、浴室へ入るとさらに血圧は上昇します。その後、浴槽に入ると、急に体が温まるため、血圧が下降します。特に10℃以上の温度差がある所は危険です。11月~2月までの時期がヒートショックの好発時期です。浴室や脱衣所などの気温が下がり、長風呂になりやすいのでリスクが高くなります。

65歳以上で高血圧、糖尿病、動脈硬化がある方は特に脱衣所に暖房器具を置くなどの工夫を。一番風呂は浴室が十分に温まっていないので、なるべく避けるように、シャワーを使って給湯することで浴室の温度が15分間で10℃上昇しまするのでおすすめです。お風呂の温度が42℃以上になると、心臓に負担がかかります。41℃以上になると浴室での事故が増えると報告されているので、38~40℃に設定して入浴することが勧められています。また、入浴する際は手や足などの心臓から遠い場所にかけ湯をして体をお湯に慣れ。首までお湯に浸かることも心臓に負担をかけるので、浸かるとしても胸のラインくらいにしておきましょう。

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP