尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

こんにちは。日に日に寒くなり、お体に負担のかかりやすい時期になりました。当院にも急にお体を痛めて来られる方が増えてきましたので、気を付けてくださいね。

さて、本日は当院に来られる利用者さんからの質問です。その方はギックリ腰で来られたのですが、今までは腰に痛みを感じる事がなかったそうです。今まで悪くなかったのに、急に悪くなる事があるのか?という質問でした。

結論を言えば、今まで悪いと感じたことがなかったのに急に痛みを感じる事はあります。それは、筋肉の中の負担がかかる場所によるのです。筋肉には大きく分けて表面の部分と深い部分があります。表面の筋肉は負担がかかって緊張すると非常にわかりやすく、はっている感じや動かしにくい感じ、痛みがすぐに出やすい部分になります。深い部分の筋肉は負担がかかって緊張しても分かりづらく、なんとなく重だるいとか、違和感があるように感じる方もいらっしゃいます。

この筋肉に表面か深い部分か、負担のかかっている場所によって普段から痛みやしんどさを感じるかどうかが変わってきます。表面の筋肉の負担がかかっている方は、痛かったりしんどかったりするので早めに施術に来られるのであまり大きく体のバランスを崩す事は少ないのですが、深い部分の筋肉のご負担はなかなか自覚しにくいので、気づいた時にはかなり負担を溜めていて状態が悪かったりします。

質問してくださった方も、かなり深い部分の筋肉に負担が蓄積されていたので、急にギックリ腰になられていました。また、深い部分に筋肉は背骨にしっかりくっついているので、負担がかかり過ぎると縮んで背骨を引っ張って歪めてしまうので、背骨が歪んで身体が支え切れなくなってしまい、余計に腰に負担がかかりやすくなってしまっていました。

深い部分の筋肉は、大きくお体を動かす筋肉ではなく、じっと姿勢を支える働きがあるので、同じ姿勢が長く続く方ほど、気づかないうちに負担をため込まれてしまっています。日常生活やお仕事で同じ姿勢が続く方、腰に違和感や重だるさを長く感じておられる方は、大きくお体を崩さないうちに、是非お早めに当院にご相談に来てくださいね。

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP