尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

こんにちは尼崎整骨院です(^o^)先日、テレビで伝統芸能の特集をやっていました。能楽と聞いて歌舞伎と何が違うのかイマイチ分かっておりません(^_^;)恐らくよくテレビで紹介されているのは歌舞伎が人気がある方で、長い髪の毛を振り回したり宙を舞ったりするもので、能楽はお面をつけて、おとなし目な方くらいしかイメージになかったです。実はこの能楽師なんですが、姿勢がとてもきれいな事が分かっています。

能楽師の骨盤はとてもきれいに立っていて、多少の事では負担がかかりにくい骨盤や腰をお持ちだそうです。なぜかというと、まず袴。袴を履くと仙腸関節(お尻の関節)の近くに腰板というのを当てるので腰板に沿って姿勢が意識できるのと、骨盤の頂上部分でくびれている所を帯で何重にも締めることで骨盤が安定して偏ることがほぼないというものでした。こうして身体の重心がお腹の深いところの中心部にかかる、理想的な状態がキープできているのです。古くから「腹が据わっている」という語源の元だそうです。

骨盤に加えて、他に筋肉の影響があります。稽古をする中で筋肉を意識せず、力むこともなく使えるようになっていきます。当院で勧めています骨盤ベルトも似たような事が言えて腰だけではなく、お腹の腹圧を抑えて、お尻からしっかり包みこむので姿勢が安定しやすいのです。産後の骨盤以外にも良い姿勢の維持にも力を発揮します。ぜひ使ってみてください!

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP