尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

こんにちは尼崎整骨院です(^O^)金木犀の香りが秋の訪れを感じさせてくれます、気温の低下も肌で感じるようになってきましたね。個人的にこんな寒い日の晩は暖かいお鍋、燗のついたお酒を飲みたくなります。食べ物や飲み物で身体を温めるのもいいですが、これに加えて身体の芯から温めるためには熱いお風呂に浸かるのが効果が高いです。

熱いお風呂とぬるいお風呂の基準は?基礎体温+2~3℃がぬるい温度で、基礎体温+5~6℃が熱い温度の目安だと言われています。日本人の7割ほどは基礎体温が「36.89度」ほどという調査データがあります。これを基準とすると「体温+4度前後」が適温に感じる範囲です。その他、入浴時間は10~15分で入浴温度は40℃を目安にすると快適に入浴できます。これらで疲労回復、血行促進、体臭抑制などの効果が得られます。反対に入浴時間が長すぎたり、温度が高すぎたりすると…。20分経過したあたりで身体の水分が多くなってお肌の角質(皮膚の浅い部分)の水分の量が増えて油分が減ってしまうので保湿から乾燥しやすい肌になりやすいです。指にシワがでてふやけてくるとそのサインようです。温度が高いと身体の深い部分の水分が失われて脱水症状になりやすく、食後1時間以上経っていない状態だと胃腸が消化不良を起こしてしまいます。

効果的な入浴ができて身体が温まったら、更にストレッチをしてもらうと筋肉が伸びるので背骨が歪みにくくなります。入浴も効果的ですが、ご自身の身体全体をメンテナンスしておくと冬の環境から起こる不調を予防できます。これからの季節に備えていくためにしっかりトリガーポイント施術とB&M背骨歪み整体でお身体を整えていきましょう!

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP