尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

みなさんこんにちは。尼崎整骨院です。みなさまも痛い時にはシップを貼って楽になったことがあると思います。時々「温湿布と冷湿布と、どちらの方がいいのか?」と質問されることがありますし、気になったことがある方もいらっしゃると思いますので、今日はお話していきます。

 

結論から言えば、温湿布も冷湿布も効果は同じです。どちらも血液の流れを少なくして、炎症による強い痛みをやわらげるものです。皮膚が当たる部分にヒヤッとする成分か、温かく感じる成分が塗ってあるかの違いだけなのです。ですので、好きな方を使って頂けたらいいです。

 

ただし、気を付けて頂きたいことがあります。それは、湿布はあくまで応急処置であるという事です。痛みが出ている時の多くは、筋肉に負担がかかり過ぎて血液の流れが悪くなってしまっている事で起こります。ですので、痛みをよくしていくには血液の流れを良くしていく方がいいのですが、先ほどもお伝えしたように、湿布は血液の流れを少なくなるものなので、逆の効果になり楽になるのが遅くなります。

 

湿布は血液の流れを少なくすることで、マヒするような形で痛みを和らげるのですが、動きの悪い筋肉になってしまいます。そうすると、動きの悪い筋肉を無理に動かすことになるので、同じ痛みが出やすくなります。

 

痛みが続くと、痛みをかばうために力が入ってしまい、より大きな痛みになるので、湿布で痛みを和らげることはいいことなのですが、そのままで終わらず、施術を受けて血液の流れのいい、負担のかかりにくい筋肉に変えていくことが必要です。今までシップがクセになってしまっている方は、是非お早めに当院にご相談に来てくださいね。

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP