尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

例年まれにみる猛暑日が続き所によると40度を超える地域も出ており熱中症で病院へ運ばれる方が続出してます。毎日のようにそういうニュースが出て気を付けるようにテレビでいっててもなお出てくるのはやはり子供は自分で管理できない事が多いので周りの大人が正しい知識と対策が取れてないと取り返しのつかないことになります。ここで熱中症の注意点をまとめておこうと思います。
まず熱中症は高温多湿な環境にい続けて身体がついていけず熱が身体にこもる事でおきます。症状としてはめまいや立ちくらみがしたりこむらがえりといって筋肉に栄養がいきわたらず痙攣してしまいます。そしてどんどん進行していくと身体がだるくなって吐き気や頭の痛みが出てきます。汗のかき方がですぎたり全く出ていないとなるとかなり重症になります。
こうなる前に対策として必要なのが特にスポーツをする子供です。屋外だと日光が直接当たりますし長時間になると体温調節が追い付かなくなります。なので運動しない応援する子や移動中などでも直接日光が当たり続けないように帽子をかぶったり日陰をうまく利用するのが大事です。
意外と盲点なのが日光に当たらない屋内にいてる子も気温が高くなると注意が必要です。空調をしてると窓など閉め切ってるので風がないと体温がこもってしまうので気づかないうちに熱中症になることもあるので室内にいてるとしても体温を調整しようと水分や塩分を失うので水分補給をしててください。

熱中症は本人だけでなく周りの人とお互いに注意しあうことで予防できるものです。みんなで注意してこの暑い夏をなんとか乗り切りましょうね!

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP