尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

本日は身体の癖についてお話ししたいと思います。身体の癖は様々ありますね。鞄をいつも同じほうの肩でもったり足を組んだりと同じ部分を使い続けてしまいます。そのため癖をなおそうとしてもなかなか直せないですよね。自分の意志の弱さかと思われる方もおられるかもしれませんがちゃんとなおせにくい原因があります。
まず鞄をいつも同じほうの肩で持ってしまうのは背骨の歪みによって肩の高さが違う可能性が高いです。肩の高さが違うと普通に鞄を肩にかけてるようにしてても肩が下がってる方はずり落ちやすくて持ちにくいので肩の上がってる方が持ちやすくなります。ただ鞄を持つために力が入りやすくなりますし肩が上がってるという事は無意識に力んでしまってる状態です。この状態だといくら力を抜こうとしてもその状態が当たり前になってるとなかなか正しにくくなります。また足を組む癖というのは座ってる姿勢で左右どちらかに体重が寄ってしまうと骨盤が歪んでしまいます。骨盤や背骨が歪むと左右対称に体重をかけるのがしんどくなるので体重をかけやすい方に片寄ってしまいます。その時に楽なのが足を組む姿勢になってしまいます。なのでどちらとも身体の土台である背骨の歪みをとる事で身体の癖っていうのがなおしやすくなります。身体の癖や背骨の歪みは長年の積み重ねですがしっかりと歪みを整えるようにB&M背骨歪み整体をしていく事で身体をいい癖に変えていけます。身体の癖がなかなかなおせない方はこちらまでご相談ください。

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP