尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

みなさんこんにちは。尼崎整骨院です。6月後半から7月の前半にかけて関西がようやく梅雨入りしていました。雨の日が続くとどうしても気になるのが、頭の痛みが多いです。その他にも雨の影響で身体への症状が出てくることがあります。今回はどうして雨でお身体がしんどくなってしまうのか?書いていきます。

まず雨はなぜ我々のお身体に影響を及ぼすのか?それは、低気圧が問題になってきます。低気圧とは簡単に言うと酸素が薄い状態です。その酸素の薄さが身体に影響を及ぼし、血液とともに体内に栄養を運んでくれる働きが機能しにくくなります。しかし体内に酸素が少なくて栄養が全身にいかなかったら、身体の疲労などが蓄積されていろんな症状へと発達してしまいます。そのため雨の日は身体がだるかったりしてしまうのです。

雨の日の代表的な症状に頭の痛みがあります。頭の痛みが出てきてしまうのは、頭の方に血液が流れにくくなってしまうことで、脳から血液を流してほしいと連絡が来ます。その連絡で血液が流れてくれたらいいのですが、低気圧で血液の流れが弱い事で、頭の痛みにつながってきてしまいます。

雨は来る時は来ます!避ける事は出来ません。しかし、お身体の基準は高める事は出来ます。そこで当院は頭の痛みが辛い方には雨の日こそお越しくださいと伝えてきて頂いており、筋肉を施術をして土台である背骨を整えて上げる事で血液の流れを良くしていけます。頭も血液が流れる事でスッキリして帰ってもらえています。

もし頭の痛みに困っている方、たまにでも出てきてしまう方は一度当院にお越しください。

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP