尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

こちらには多くの利用者さんが来られます。皆さん毎日お仕事や家事などで、身体を当たり前のように使っていくことで痛めて来られます。そこで身体を診ることは大事なのですが、身体の使い方の癖を知るためにチェックできるものがあります。

 

それは「靴」です!毎日同じ靴を履く方もいれば、日によって何足か履き替える方もいらっしゃいます。でも歩き方や体重のかけ方は変わりないので、靴をみればどのように体重をかけてるかがわかります。大体は靴底の減り具合を見ることで癖が分かるのです。

例えば、靴底の踵の内側がすり減ってるとします。それは足先が外に向いて歩いているので、足の付け根である股関節やお尻の筋肉が緊張しすぎてて足が真っ直ぐに出せないのです。その部分の筋肉が緊張すると、腰を支える力が弱くなるので腰が痛くなりやすいです。普段中腰になるのが多い方がこうなる傾向にあります。

それと靴底の足先の真ん中辺りがすり減ってるとします。それは足が十分に上がらず、足裏をすって歩くような歩き方になるからです。この原因は猫背姿勢になってしまってると前傾姿勢が長くなり足を上げるのも窮屈になるので足が上がらなくなります。猫背が続くと肩周りの筋肉が緊張するので頭の痛みになりがちの方に多いですね。

 

このように靴底を見ることでも身体のことは分かりますので、靴底の減り方に特定のパターンが見られる時は、身体の癖も強くはなってる可能性は高いです。ふと靴底を見てみるのも思わぬ発見があるかもしれませんね^^

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP