尼崎で整体なら「尼崎整骨院」

今日は顎のかみ合わせについてお話していこうと思います。顎の関節は口を開けた状態でも亜脱臼している状態で特に女性の方が関節のくぼみが浅く、脱臼しやすいと言われています。口を開けたり閉じたりする筋肉の緊張に左右差があれば顎の動きに左右の差が生まれてしまいかみ合わせがおかしくなります。

 

鏡の前でゆっくりと口を大きく開けてゆっくり閉じてみてください。どちらかに片寄って顎が動きませんか?これはかみ合わせが悪いということもありますが背骨や頭蓋骨のについている骨が歪んでいるというシグナルになります。このシグナルをそのままにしてしまうと歪みがどんどん強くなってしまい、顎の痛みが出たり寝ている時の歯ぎしりが強くなったりします。こういった症状が起こさない為にも背骨の歪みを整えていくことと顎周りの筋肉の緊張をやわらげることが必要になります。そして少しずつ顎の使い方を修正していくことが大事です。顎も腕と足などと一緒で左利き右利きがあります。ご自身で物をかむ時どちらでかんでいるか食べる時に確認してみてください。感覚的に人は両方でかんでいる感じがするのですが、実際はそんなことはありません。お家で顎のかみ合わせを少しでも軽減されたい方は利きではない顎を使うよう意識するといいと思います。皆さんも試してくださいね。

尼崎で整体なら「尼崎整骨院」 PAGETOP